税理士/長野県上伊那郡を拠点として活動する税理士法人さくら中央会計/宮田村、伊那市、駒ヶ根市

トップページ > 事務所通信

事務所通信

【最新号】かけはし 2022年5月号

 

感動した言葉

 

 先日、ある企業の社長と話をする機会を得ました。いろいろな世間話から始まった会話も、徐々に深くなりました。その社長はかつて某スポーツでは相当名をはせた方で、話をしていても元気はよいし、話題は豊富だし、相手をホッとさせるような冗談を言ったりもするし、こちらも話していてとても気分が良くなる方です。

 その方曰く、「私はどうしたら相手が笑顔になれるか常に考えている。」という言葉を言われました。何かその言葉の中に他の人との関わり方の本質、会社を伸ばす原点を見出したような気がして、ドキッとしました。

 この言葉を思い浮かべると、どう行動すべきか自ずと答えが見えてきます。

  • 人と接するにあたり、暗い雰囲気より明るい雰囲気の方がよい。
  • 元気がないより、元気な方がよい。
  • 難しい話より、冗談も交えながらの楽しい話の方がよい。・・・

など、どうしたらよいのかが簡単に分かるような気がします。

職業病の私

 

 翻って自分を見たときに、私は数十年にわたって税理士をしてきました。税理士は税法にのっとって正しい申告をするのが仕事ですから、間違いをする訳にはいきません。

 長年そういう意識でいると「間違ってはダメ、こうしなくてはダメ」といった否定的な姿勢になってきたような気がします。まさに税理士の職業病です。やな感じですよね。この社長の話をお聞きして私自身が最も変わらなければと思った次第です。

タライの話をご存じですか?

 

 今の若い方にタライといっても「何それ?」といわれるかもしれませんが、年配の方にはお分かりになると思います。桶(それさえも分からないかな・・)の大きなやつです。

 タライに水を入れて両手で水を自分の方にかき寄せるとどうなるでしょうか。水は両手の脇を通って向こうへ逃げていきます。逆に両手で水を向こうへ押しやるとどうなるでしょうか。水は逆に自分の方に押し寄せてきます。

 つまり、自分の方へ欲しい、欲しいとやっているうちはお金や利益は得られない。相手の得を考えて行動していけば、いずれ自分の方へ帰ってくるという話です。前段のある社長のポリシーに相通ずるものを感じます。経営というと、場合によっては小難しい理論であったり、法則であったりします。それらを学んで経営に生かすことはとても大事なことですが、会社を動かす源は“人”です。

今月号の話が少しでもお役立ちできればうれしい話です。明るく・元気に・楽しくやりたいものですね。

 

 

社長 神谷正紀

伸びる企業とは

 

 何の特徴も無い一般的(平均的)な企業は、価格競争をもろに受けると衰微するが、その企業独自の長所を持っている企業は、取引先から評価され発展する。

では、その独自の長所とは

  1. 他社より 安い
  2. 他社より 製品(商品)が良い
  3. 他社より 早い
  4. 他社より 対応が良い
  5. 他社より 親切である

これらを実現するのは、中々難しいが、之をやるのが経営である。

 勿論、商いは元にあるので、仕入れや材料の購入から吟味することは当然あるが、あくまでも採算(損益)を度外視しては倒産に追い込まれてしまう。

 それには先ず、良い設備と環境が大切であるが、お客様を大事にする気持ちが基本であり、担当者に任せ放しにせず、各部署に責任者を決定し、それぞれ目標通り運営されているかどうかを常に監督、指導することが重要である。

 

会長 神谷勇雄

税務通信

 

令和4年(2022年)5月からiDeCoに加入できる年齢の要件などが拡大されます

 

<2022年4月1日から>

iDeCoの老齢給付金の受給開始時期の選択肢が拡がります。

 

受給開始時期の上限が 70歳 ⇒ 75歳に延長

iDeCoの老齢給付金の受給開始時期を60歳(加入者資格喪失 後)から75歳までの間で、ご自身で選択することができるようになります。

 

<2022年5月1日から>

iDeCoに加入できる年齢の要件などが拡大されます。

 

新たに下記の方がiDeCoに加入できるようになります。

  • 会社員・公務員など(国民年金第2号被保険者)で60歳以上65歳未満※の方
  • 国民年金に任意加入している60歳以上65歳未満の方
  • 国民年金に任意加入している海外居住の方

※公的年金の加入期間が120月に満たない等、国民年金第2号被保険者であれば65歳以上も加入可能

 


iDeCoってなに?

 

自分で入る、自分で選ぶ、もうひとつの年金「iDeCo」(イデコ)

  • iDeCo(イデコ・個人型確定拠出年金)は、確定拠出年金法に基づいて実施されている私的年金の制度で、加入は任意です。
  • 自分が拠出した掛金を、自分で運用し、資産を形成する年金制度です。掛金を60歳になるまで拠出し、60歳以降に老齢給付金を受け取ることができます。※60歳になるまで、原則として資産を引き出すことはできません。
  • iDeCoでは、掛金、運用益、そして給付を受け取るときに、税制上の優遇措置が講じられています。

 

iDeCo公式サイトで「税制優遇シミュレーション」もできます

詳しくは、iDeCo公式サイト(https://www.ideco-koushiki.jp/)まで。

iDeCo公式サイトは、iDeCo(個人型確定拠出年金)の実施機関である国民年金基金連合会が運営しています。

 

 

 

 

 

 

 

トップへ戻る